身長の伸びは遺伝とはあまり関係ない

中学生の身長と遺伝の関係は?背の伸びは遺伝とはあまり依存しないよ!

 

中学生の身長の伸びは、遺伝にはあまり関係がありません。
両親の身長が低いと本当に身長が伸びるのか心配になってくる人がいると思いましが、遺伝よりも生まれてからの環境に大きく依存するのです。

 

そのため、子供の身長を伸ばすためには、あなたのサポートがどうしても必要になります。
子供の身長に影響する要因は、栄養素、運動、睡眠です。
身長を伸ばす方法をしっかり理解して、中学生のうちに精一杯身長が伸びるようにしてくださいね。

 

牛学生の身長と遺伝の関係は?

 

子供の身長と遺伝の関係は、最新の研究では、25%ほどが関係しているといわれ、残りの75%は、生まれてから子供が経験する環境によって決まってくるものと考えられています。

 

子供は、両親の遺伝子を受け継ぐものなので、この量を多いとみるか小さいとみるか、人によるかもしれませんが、私は小さいと思います。

 

ある研究によると、学力、学校の成績が遺伝する割合は、40%ほどといわれています。

 

また、才能を親から受け継いだとしても、適切な環境を手に入れられなければ、その才能は開花しないという研究結果もあります。

 

これらを考えてみると、身長の遺伝に対する割合はたったの25%。
現在あなたが正しく身長を伸ばす方法を実践することができるならば、身長はぐんぐん伸びていくものと考えることができるのです。

 

過去の日本人は?

 

日本人の身長を調べてみると、江戸時代の平均身長が最も低かったことが分かっています。
また、その後身長はどんどん大きくなっていきました。
そして、現代の身長は、戦後の60年間で、10センチ以上の平均身長が増えてきたのです。

 

同じ日本人の遺伝子を持っていたとしても、生活環境による影響で、平均身長が変化してきた過程を知ることができ、生活習慣の違いを正しく理解することができるのなら、身長への影響が強い要因を理解することができるのです。

 

そして、現代の生活習慣で最も大きな影響を与えたのは、食事の内容です。

 

栄養不足な子供がほぼいなくなったのも大きいですが、肉類を多く食べるようになったことが身長の伸びに大きく栄養しているのです。

 

効果的に中学生の身長を伸ばすためには?

 

効果的に中学生の身長を伸ばすなら、栄養素、運動、睡眠を正しく実践する必要があります。
中学生になると、小学生の時よりもたくさん食事を食べられるようになってきています。
また、「外食が多い」「コンビニ弁当ばかり食べている」というような状況でなかければ、栄養不足に陥ることはないでしょう。

 

栄養面では、あまり心配しなくても大丈夫です。

 

ただし、ある統計調査により、身長の伸びへの効果が高い成分がタンパク質とアルギニンであることが示されました。
そして、アルギニンがより大きな影響を与える栄養素であることが示されています。

 

つまり、中学生が身長を伸ばすために、積極的に摂取してほしい栄養素がタンパク質とアルギニンです。
普段の食事でこれらをシッカリ摂取するか、プロテイン、身長サプリなどで、必要な成分を補給するようにすると、確実に摂取することができ、身長を伸ばすサポートになります。

 

また、睡眠も、十分に寝ておくことを心がけること。
睡眠時間なら9時間以上。
睡眠の質が高くなると、成長ホルモンの分泌で身長が伸び、睡眠ホルモンのメラトニンの影響で、思春期を遅らせることで成長期の期間を伸ばせます。

 

さらに、体の成長には正しい運動が必要。全身の代謝を上げ程よい刺激を与えることで細細胞分裂が活発化して、骨の成長を促します。

 

栄養素、睡眠、運動が、密接に関係してくるので、意識して生活を続けるようにしてくださいね。

 

 

 

中学生の身長を伸ばす方法!ぐんぐん伸ばすため必要なことはこれだ!

おすすめサイト