中学生の身長を伸ばす栄養素

中学生が身長を伸ばす栄養素は?背を伸ばすのに効果的な成分と食べ物は?

 

中学生は、小学生の時よりも体が大きくなり食べる量が増えてきます。
そのため、取り入れられる栄養素の量は、小学生の時よりも多く取り入れられますが、栄養素によっては食事からはとりにくい栄養素が存在します。
身長を伸ばすには、直接骨を作る栄養素の他、骨の成長をサポートするための栄養素も必要です。
様々な栄養素が相互に関係するため、バランスよく体内に取り入れることが重要になってきます。

 

ここでは、中学生が身長を伸ばすにに効果的な栄養素・成分や食べ物を紹介します。

 

中学生の身長を伸ばす栄養素は?

 

中学生の身長を伸ばす栄養素は、骨を作る栄養素、成長ホルモンの分泌に関係する栄養素、それに、それらの吸収、吸着、合成などをサポートする栄養素です。
現実には、ほとんどの種類の栄養素が必要になるんです。

 

骨を作る栄養素は、タンパク質、カルシウム、マグネシウムです。
タンパク質は、骨だけでなく、筋肉、皮膚など体のいたるところの細胞を作る栄養素で、重要な栄養素ですね。
カルシウムは昔から身長を伸ばすのに必須の栄養素として知られていましたが、今では異なった認識です。骨を作るのには必要なものですが、吸収効率が悪く、カルシウムを含む牛乳をたくさん飲んでも身長は伸びません。
カルシウムを摂取する際に、マグネシウムを含むバナナや木綿豆腐などを一緒に食べたり、カルシウムの吸収効率を上げるシメジ、干しシイタケ、ヒラタケなどのキノコ類を一緒に食べることがおすすめ。
今では、カルシウムよりも、タンパク質が身長を伸ばすために大切な栄養素だという認識になっています。

 

また、成長ホルモンの分泌に関する栄養素は、アルギニン、α-GPC。成長ホルモンの合成に必須の成分は、タンパク質や亜鉛。
この中でアルギニンやα-GPCは、静脈への直接投与により、成長ホルモンの分泌量が上がる性質が医学的に証明されているものです。
しかし、口から取り入れたときに成長ホルモンがどうなるかは完全には分かっていないものです。
しかし、デンマークでの統計調査の結果により、健康な子供の身長の伸びがアルギニンにより影響を与えられることが示され、アルギニンの摂取量が多いと、身長の伸びが大きくなることが示されました。
中学生にとって、アルギニンは身長を伸ばすための重要な栄養素なのが判明したのです。

 

そのため、成長ホルモンの分泌量が増えるα-GPCも同様の効果があると考えられ、アルギニン、α-GPCともに中学生は、是非摂取できるようにしてください。

 

ビタミンC、ビタミンD、ビタミンKなどは、カルシウムの吸収、吸着、保持に必要な成分であり、将来の骨粗しょう症などを防ぐために、中学生のうちにカルシウムと一緒に摂取することを心がけるようにしてください。
そして、血液を作る鉄分、細胞分裂に欠かせない亜鉛など、各種ミネラル類も成長をサポートする成分として忘れてはいけません。

 

以上の成分をバランスよく摂取することで、身長を伸ばす効果を高めることができるのです。

 

科学的な統計調査で分かった身長を伸ばす栄養素は?

 

先ほども触れたデンマークでの大規模統計調査により、タンパク質とアルギニンの摂取量が健康な子供の身長の伸びへの影響が強いことが示されました。

 

その他の栄養素の摂取量の差は、ほとんど身長の伸びへの違いには影響がなかったのです。
つまり、現代の先進国の子供にとって、カルシウム、マグネシウム、ビタミン類、ミネラル類の子供の身長への影響は小さく、普段の食事で気を付けるべきなのは、タンパク質の摂取量とアルギニンの摂取量であることが分かったのです。

 

タンパク質とアルギニンの効果的な摂取方法は?

 

6歳から13歳の子供において、タンパク質は、一日当たり65gから79が身長の伸びが大きくなる範囲です。
アルギニンは、1日当たり2.5gから3.2gが身長の伸びが最大になる範囲です。

 

これだけのタンパク質、アルギニンを食品からとるのは実はとても大変なことなのです。

 

なぜなら、タンパク質やアルギニンは、実は、肉類。魚類、豆類、乳製品などに多く含まれます。
タンパク質やアルギニンを摂取するため、肉類や乳製品を選んだ場合には、高カロリーなため、太ってしまう可能性が出てくるのです。
肉類や乳製品を多く食べている人は、肥満のため身長が伸びなくなってしまう可能性があるのです。

 

そのため、中学生が効果的に身長を伸ばすなら、肉類、乳製品よりも、魚類、豆類をしっかり食べタンパク質やアルギニンをシッカリと摂取するようにするようにしてください。

 

その意味で、牛乳を飲んでも、身長が伸びないのは、お腹を壊しやすく体の外に排出されやすいということに加え、脂質が多いため肥満になりやすく、身長を伸ばしにくくするという理由もあるのです、

 

太ってしまうと身長が伸びなくなる理由は?

 

太ってしまうと身長が伸びなくなってしまうのは、性ホルモンに関係してきます。
太っていると、性ホルモンの活動が活発になるため、思春期が早く訪れることになるのです。
思春期は子供の体から大人の体に変わっていく過程ですが、その際に骨が伸びる部分である骨端線が閉じてなくなってしまうのです。
早く大人の体になるので身長が伸びなくなるんです。

 

私に周りでも、小学生の時には、身長も体重もあり、体が大きな子供がいましたが、中学生で身長が伸びなくなり、大人になってあったときに身長が周りと比べて小さくなっている人がいましたね。

 

それなので、タンパク質をたくさん食べていて太ってきたと感じるならば、シッカリ体を動かしてダイエットするようにしましょう。

 

運動部に入っている人ならば、シッカリ部活動に励むこと。それ以外の人でも、できるだけジョギングや水泳などの有酸素運動を行って、体を絞ってダイエットするようにすること。
中学生は大人に比べ代謝があるため、運動によるダイエット効果が高いです。
シッカリ運動して適度な体型で身長をぐんぐん伸ばしていってくださいね。

 

中学生が身長を伸ばす栄養素や食べ物は?

 

中学生が身長を伸ばすためには、タンパク質やアルギニンを多く含む食べ物を食べるようにすることです。
タンパク質やアルギニンが多く含まれる食べ物は、牛肉や豚肉や鶏肉などの肉類、アジ、サバ、イワシ、マグロ、エビ、カニなどの海産物、大豆製品などの豆類、牛乳やチーズなどの乳製品などです。

 

ただし、肉類や乳製品には、脂質がたくさん含まれるので食べ過ぎると太ってしまいます。
太ってしまうと身長が伸びなくなるので、シッカリ運動を継続して行うこと。

 

また、学力面をサポートするDHA・EPAが魚類には多く含まれるので、アジ、サバ、イワシ、マグロ、ブリなどを良く食べるようにすると、身長を伸ばす効果、学力を支える効果どちらも得られます。
また、納豆、豆乳、豆腐も低カロリー、高タンパク、アルギニンを含む食品です。

 

食事だけでなく、お腹がすいた時のおやつにこれらのタンパク質、アルギニンを多く含んだ食べ物を食べると効果的に身長を伸ばす効果が得られやすくなります。

 

そして、中学生の身長を伸ばす効果が期待できるアルギニンを確実に摂取するために身長サプリを用いるのが最もおすすめ。
ドクターセノビルなら、1袋2500mgアルギニンが入っています。
1日当たり5000mgと多いですが、量を自分で調整できるので、兄弟姉妹と分けるなどして、効果的なアルギニン接種を行うようにしてくださいね。

 

 

科学的に統計調査で行われた結果なので、再現できる可能性が高いです。
身長を伸ばす可能性が高いことなので、是非、中学生の身長を伸ばすため取り組んでみてください。

 

 

中学生の身長を伸ばす方法!ぐんぐん伸ばすため必要なことはこれだ!

 

 

おすすめサイト