中学生の身長を伸ばす方法

中学生の身長を伸ばす方法!ぐんぐん伸ばすため必要なことはこれだ!

中学生,身長,伸ばす,方法

 

中学生は、身長が最も伸びやすい時期です。

 

「子供が部活動のため身長を伸ばしたいといっている」
「身長を伸ばせるように徹底的にサポートしたい」

 

こんな親御さんは多いですね。
あなたも、中学生の子供の身長を伸ばすためどんなことが必要なのか興味があるのだと思います。

 

私も、自分の身長があまり高くないために、子供の身長は伸ばしてあげたいとずっと考えています。
昔から言われているように、

 

「牛乳を飲ませばよい」
「小魚を食べさせる」

 

といったことは、必ずしも身長を伸ばすとは限りません。私も散々食べて飲みましたが、思ったよりは身長は伸びなかったです。

 

しかも、これらの食べ物って、医学的にも、科学的にも身長を伸ばすわけではないんですよ。
調査が行われていないということもありますが、単に、栄養素の中に、タンパク質だったりカルシウム、マグネシウムといった骨を作る栄養素が入っているだけで身長が伸びるといわれてきただけなのです。

 

今の時代は、たくさんのことが、医学的科学的に調査が行われています。
医学的な調査は、病気な人への調査であるため、健康な人にはあまり意味がありませんが、科学的に統計調査が行われて分かった事実については、確率的に結果が出る可能性が高いものです。

 

プロスポーツ選手も、科学的にメリットの出る確率が高い方法を取り入れて効果を得ています。
子供の身長を伸ばす方法も、科学的に身長を伸ばす効果が高いものを取り入れて実践することが、多くの子供にとって身長を伸ばす近道となるのです。

 

そんな理由もあり、ここでは、科学的に確からしいことに重点を置いて、中学生の身長を伸ばす方法を紹介していきますね。

 


中学生の身長を伸ばす要因は?

 

まず、子供は親の遺伝を受け継ぐものなので、身長も遺伝の影響を必ず受けます。身長だけでなく、学力、記憶力、集中力、なんでもそうなんですが、もし、親と同じ環境が得られたのなら同じような結果が伴います。

 

しかし、全く同じ環境というものはありません。
一卵性双生児においても、経てきた環境によって全く異なった成長を遂げるのです。
どれくらい影響するのか、様々な研究がおこなわれているようですが、遺伝の影響と言える身長の影響は、25%ほどです。
ちなみに、学校の成績はというと、40%から50%と言われています。

 

これだけを見てみても、身長の遺伝の影響がいかに少ないのかというのを理解できると思います。

 

両親の身長が低くても、身長の遺伝の影響はたった25%だけ。そのため、あなたが頑張ってサポートしてあげれば、身長はぐんぐん伸びるチャンスはあります。

 

そして、中学生の身長を伸ばす環境の中で重要なのが、栄養素、運動、睡眠なのです。

 

 

中学生の身長と遺伝の関係は?背の伸びは遺伝とはあまり依存しないよ!

 

中学生の身長を伸ばす栄養素

 

中学生となると、体つきも大きくなってきて小学生の時よりもたくさんべるようになってきます。
男子中学生は、最も身長が伸びる成長期を迎え、女子中学生は、身長が止まるまで、身長を伸ばすための最後の期間になります。

 

その期間に十分に身長を伸ばすための要素の一つが栄養素なんです。

 

身長を伸ばす効果があると、よく知られる栄養素が、タンパク質、カルシウム、マグネシウムといった骨の構成物質。成長ホルモンを分泌させるアルギニン、α-GPC、さらに、細胞分裂や成長をサポートする亜鉛、鉄分、ビタミン類など。

 

これらすべてをバランスよく摂取することが大切なことというのが一般的なこと。

 

でも、実は、あまり各栄養素の身長への影響は調べられていないんですよ。

 

しかし、デンマークで行われた調査は、これらの懸念を吹き飛ばすことができる調査ででした。
それは、6歳から3年おきに計7年間の小学生から中学生の子供の身長への影響を、各栄養素、両親の体型、親の収入までパラメーターにして調べられたのです。

 

この結果分かったことは、タンパク質とアルギニンが身長の伸びへの影響が強いこと。もっとも影響が強かったのがアルギニンだったのです。

 

デンマークの標準的な身長の子供のアルギニンの摂取量は1日当たり2200ミリグラム以下です。
そして、それよりも2200ミリグラムより多くとった子供の一年あたりの身長の伸びが、2800ミリグラムまで線形的に伸びていたのです。そして、3200ミリグラム以上摂取した子供の身長の伸びは、2800ミリグラムより少なく、人によるばらつくが大きいという結果でした。

 

この調査が13歳までであること、中学生になると、必要な栄養素の摂取量が増えることから、中学生が身長を効率よく伸ばすためには、アルギニンの摂取量は1日当たり2800ミリグラムより多く摂取することが必要です。

 

これだけのアルギニンを毎日摂取することは、通常の食事だけではとても難しいです。

 

それを補うための方法が、身長サプリを利用することです。

 

身長サプリの中には、一袋2500ミリグラムのアルギニンが入っているドクターセノビルがあります。
他の身長サプリでは、これだけのアルギニンは摂取できません。
本来なら一日当たり二袋の5000ミリグラムの摂取が可能ですが、科学的な根拠に基づいた時には、ドクターセノビルを一日当たり一袋摂取をおすすめします。

 

 

また、他の栄養素も補うなら、カラダアルファ(α)やアスミールが良いでしょう。

 

カラダアルファなら、タブレットタイプであるためバランスの良い栄養素が他の身長サプリよりも高配合です。
アスミールなら、牛乳に混ぜて飲むことができるので、牛乳の栄養素に加えバランスよく栄養素が摂取できるというので、多くの人に飲まれていておすすめですね。

 

男子なら一番身長が伸びる時期、女子なら、生理が始まって身長が伸びる期間はあと数年という時期です。
この大切な期間に身長をぐんぐん伸ばすため、身長サプリで充分な栄養素を確保することがオススメできることなんですよ。

 

 

中学生が身長を伸ばす栄養素は?背を伸ばすのに効果的な成分と食べ物は?

 

 

中学生の身長を伸ばす睡眠

 

中学生だからこそ注意しなければいけないのが睡眠時間です。
実は、思春期と睡眠は密接に関係しています。
質の高い睡眠は、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が活発になります。
メラトニンは、性ホルモンの働きを抑える機能があります。

 

性ホルモンは、思春期を早める働きがあるもののため、メラトニンがたくさん分泌される状況は、思春期を遅らせる効果が期待できるのです。

 

思春期は、体が大人の体に変わっていく時期です。
身長を伸ばすには、骨が成長する必要があります。

 

思春期で体が大人の体に変わるということは、骨が成長する骨端線が閉じてなくなってしまうこと。
そのため、思春期を遅らせられれば、骨端線が閉じずに、身長を伸ばす期間を伸ばすことができるのです。

 

つまり、身長を伸ばすために、睡眠はとても重要な要素なのです。

 

中学生で部活動に勉強に忙しいと思います。
しかし、もっと、身長を伸ばすために、質の良い睡眠を確保するため睡眠時間はシッカリ取るようにしてください。

 

また、質の良い睡眠は、集中力、記憶力を高める効果があります。
シッカリ眠って、身長を伸ばして、学力を伸ばしましょう。

 

 

中学生の身長を伸ばす睡眠は?睡眠時間を確保して学力身長アップを目指せ!

 

 

中学生の身長を伸ばす運動

 

子供の身長を伸ばすのに重要な要因の一つである、よく遊ぶこと、これは、運動により体を動かすことを意味しています。

 

そして、中学生の運動は、身長を伸ばすのにとても重要な要素です。

 

中学生になると、多くの人が部活動に所属していますね。
運動部なら身長を伸ばすための運動としては問題ありません。

 

文科系の部活動だと、運動不足のため日常的に運動するようにしましょう。

 

特に、身長に影響しやすい運動が、有酸素運動やジャンプ運動などです。

 

全身の代謝を上げるような運動、骨に刺激を与えるような運動は、細胞分裂を促し、成長ホルモンの分泌をサポートしてくれます。
また、運動による適度な疲労感が、質の高い睡眠を促すので、中学生の身長を伸ばすのにも、運動は欠かせない要因なのです。

 

毎日シッカリ運動しておけば、体も丈夫になって身長を伸ばせます。
頑張っていきましょう。

 

 

中学生の身長を伸ばす運動は?背の伸ばすために必ず実践すべきことは?

 

中学生におすすめ身長サプリランキング

 

ドクターセノビル

 

ドクターセノビルは、アルギニンが1日当たり5000ミリグラム摂取できると評判の身長サプリです。
これだけ高配合の身長サプリは他にはありません。

 

しかし、デンマークの統計調査によると、1日当たりのアルギニンの量としてはちょっと多めです。たくさん摂取する分には、身長は伸びるので問題ありませんが、最適値は3000ミリグラムから4500ミリグラム程度になりそうです。
(厚生労働省の推奨量4000ミリグラムから6000ミリグラムを年齢に応じた量に単純換算した)

 

ドクターセノビルは1か月分60袋入り。1袋当たりアルギニンが2500ミリグラムはいっています。
兄弟姉妹が2人いる場合には、一人一日一袋飲ませるようにすると、効果的に身長が伸びることが期待できます。
アルギニンは、統計学的に伸びることが分かっている栄養素です。

 

身長を伸ばすためにはこの知見を利用しないなんてことはあり得ないですよね。
食事もシッカリ考えて、栄養素を摂取するようにしてください。

 

 

ドクターセノビルの詳細

 

 

アスミール

 

アスミールは、バランスよく栄養素が摂取できると評判で、人気の高い身長サプリ。牛乳を混ぜて飲むことができるので、栄養満点の身長サプリなんです。

 

小学生から飲むことができるので、小学生の時からずっと飲み続けている子供も多いです。
ですが、アルギニンはあまり入っていません。

 

しかし、栄養バランスはとても良いので、ドクターセノビルに加えて飲む身長サプリにピッタリ。

 

値段も、定期コースなら初回2050円から購入できることもあり、とってもお得なので、二つ目の身長サプリとしておすすめです。

 

 

 

 

アスミールの詳細


 

 

 

カラダアルファ(α)

 

カラダアルファ(α)は、タブレットタイプの身長サプリで、身長サポートする栄養素がたっぷり入っている身長サプリです。
糖分がほとんど入っておらず、栄養素満点。
栄養価は身長サプリの中で最も高いです。

 

しかし、アルギニンは、スピルリナなどに含まれる程度で、あまり入っていません。
カラダアルファ(α)も補助的な身長サプリとして利用するのがおすすめ。

 

中学生は、栄養素をいくらとっても不足する時期です。女子中学生は、この時期を逃したら身長が伸びなくなってしまいます。
なので、ドクターセノビルにカラダアルファ(α)で栄養面で万全の状態で臨むことをおすすめしておきますね。

 

 

カラダアルファ(α)の詳細


 

さいごに

 

統計調査に基づいたアルギニンの摂取量だと、3000ミリグラム程度の摂取が小学生から中学生にかけての子供にとっておすすめ。
厚生労働省の発表するところだと、一日当たり4000ミリグラムから6000ミリグラムは摂取することがすすめられています。

 

成長期は、年齢が上がると栄養素の必要量が増える
調査によると小学生のアルギニンの必要量が3000ミルグラム程度

 

ということを考慮して中学生だと、アルギニン1日当たり3500ミリグラムから4500ミリグラム程度を摂取できるようにすることをおすすめします。
(厚生労働省の推奨量より4分の3程度の量のため)

 

つまり、毎日ドクターセノビル1袋に加え、他の身長サプリ1日分プラス食事の肉類、魚類、豆類、乳製品で充分な量のアルギニンを摂取するようにしてください。

 

 

関連サイト